あなたも菌活はじめませんか?

おはようございます!

高松市春日町のたかまつファミリー歯科医院

スタッフ塩田です(^^)/

 

最近は腸活で腸内環境を整えるように努めてます!

赤ちゃんが産道を通るときに善玉菌をあげれるように(^^)

 

さて腸内環境の話をしましたが

みなさんはご存知ですか?

人の身体には約1000種類

重さにすると2キロほどの細菌が存在しているそうです。

そのうち口の中には約700~800種

数にして1000~6000億個もの細菌がいます。

歯磨きをしてない口の中は

肛門よりも細菌の数が多いです💦

 

近年の研究ではこの体内にいる細菌が

病原菌やウイルスの殺菌破壊、免疫抑制

また栄養生成などの生命維持に関する

重要な働きをしていることが分かってきています。

 

「腸活」「菌活」なんて言葉もあるぐらい

近年腸内細菌を整えることが大切といわれてます。

 

しかし身体に存在するのは

良い細菌ばかりではありません。

日本人に最も多い病気と言われている

歯周病や虫歯は口の中の細菌感染が原因です!!!

 

歯周病は怖い国民病です…

歯周病は30代の約80%、50代では約90%の人が

罹患していると言われている国民病です。

自覚している人は非常に少なく

その怖さを認識している人はもっと少ないです…

 

歯周病は歯を支えているあごの骨を溶かし

最終的には歯が抜けてしまう病気ですが

厄介なことに初めのうちは自覚症状がありません。

歯茎が腫れたり、歯がグラグラしたり、

痛みが出てくるころにはかなり進行していて

歯を残せないこともあります。 

それだけでなく歯周病が糖尿病、心疾患、肺炎、

関節リウマチ、認知症など全身疾患とも関係しています。

 

みなさんも「菌活」で口腔内の環境を整えませんか?

1000~6000億個の細菌と上手に付き合えてますか?

あなたの口腔内環境は大丈夫ですか?

 

口の中の細菌がなぜ全身と関係があるのかな?って、

疑問に思う方もいらっしゃいますよね?

近年の研究により歯周病菌を飲み込むと

腸内細菌のバランスが崩れて免疫機能が低下し

血液を介して細菌の毒素が全身に回ることが

分かってきました。

細菌の毒素により全身に張り巡らされている血管が

炎症を起こすと各臓器がダメージを受けて

様々な病気を引き起こします。

 

このことからもわかるように

歯周病は口だけの問題ではありません!!!!

全身に関わる重大な細菌感染症なのです!!!!

 

重要なのが口腔ケアです。

歯周病予防の基本は

歯垢がつかないようにすることが一番です。

歯みがきを徹底することや

定期的な歯のクリーニングで

口腔細菌の量を減らしておくことが有効です。

正しい口腔ケアの方法もお伝えできますので

ぜひ当院にいらしてくださいね(^^)/

日頃から口の中を清潔に保つよう心がけましょう。

 

検索