歯が黒い=虫歯?

おはようございます。

高松市春日町ハローズ内

たかまつファミリー歯科医院

スタッフ兵頭です。

 

歯が黒い=虫歯ですか?

虫歯には大きく分けて、急速に進行する急性う蝕(うしょく)と、ゆっくり進行する慢性う蝕があります。

急性う蝕は子供に多く、白っぽい色、もしくは歯と同様の色をしています。

一方慢性う蝕の場合は、大人に多く、黒っぽい色をしています。

 

コーヒーや紅茶による着色が、奥歯の溝につくことがありますが、奥歯は虫歯ができやすい場所でもあります。

実際、奥歯の溝が黒い場合、虫歯かどうかの判断は、ご自

分では大変難しいため、歯科で一度見てもらったほうが

いいですね。

 

着色自体は特に歯に害を及ぼすことはありませんが、見た目が気になるという場合には、歯科のクリーニングできれいに落とすことができます。

 

神経を取った歯、神経が自然に死んでしまった歯は、歯に栄養が送られなくなるため、だんだんと歯が全体的に黒ずんできます。

また、歯科金属がだんだんと溶け出して、歯を黒くしてしまうことがあります。

子供の歯にサホライドのいう薬を塗ることがあります。

これは主に虫歯の治療がまだできない小さなお子さんの歯

に行う「進行止め」の薬で、含まれる銀の成分が歯に黒く

着色させてしまいます。

 

解決策としては、虫歯の治療が可能になったら虫歯を取り除き、きちんと詰め物をするか、もしくは永久歯に生え変わるのをまつか、いずれかの方法があります。

 

虫歯とわかったら、それ以上進行しないように、早めの虫

歯の治療をすることが肝心です。

 

小さいうちに治すと削るのも少なく終わります。

痛みも軽くで済みます。

早めの受診をおすすめします。

検索